さらに詳しく!債務整理の豆知識

債務整理は司法書士か弁護士のどちらに依頼したほうが良いのか?

債務整理ができるのは司法書士と弁護士になりますが、どちらを選べば良いのか・?となった時、自分が行う債務整理の手段によっても変わってきます。元々は債務整理を行えるのは、弁護士だけでした。それが2003年の法改正によって司法書士でも140万円以下の借金についての交渉権と簡易裁判所の訴訟代理権も認められるようになりました。


その後、債権額が140万円以下であれば、弁護士だけでなく、司法書士にも依頼する事ができるようになったのです。しかしこの場合の140万円以下というのは、複数の借り入れがある場合は、全ての借り入れ金額(総債権額)でなければいけません。総債権額が140万円以上になる場合は、司法書士に交渉権がないので依頼できません。また、司法書士の訴訟代理権は簡易裁判所のみに限られているのでそれ以外の裁判所では弁護士しか認められません。


従って、債務整理の中で司法書士が行えるものは、債権額が140万円以下の「 任意整理 」 と 「 過払い金返還請求 」となります。この場合、弁護士と司法書士のどちらかに依頼しても、基本的に違いはありません。このようにこなせる業務に制限があることから、コスト面で選ぶなら、司法書士のほうが安いでしょう。


司法書士に依頼する時の注意点


しかし、注意が必要なのは、司法書士に過払い金返還請求を依頼した結果、170万円の過払い金が発生したのにもかかわらず、司法書士に交渉権がないことを貸金業者に指摘されて140万円で和解しなければならない事例もあります。また、任意で和解が困難なときには地方裁判所で訴訟を提起しなければいけません。そうなると、司法書士では交渉権がないので、弁護士に依頼しなければいけません。そこでまた弁護士費用が掛かってしまいます。


この事から、司法書士にお願いする場合、確実に140万円を超えない債権額である事や、信頼できる債務整理専門の司法書士を選ぶことが望ましいでしょう。また、自己破産や民事再生については、地方裁判所に申し立てを行わなければいけませんが、司法書士には訴訟代理権はないので、書類作成は依頼できますが、裁判所への訴訟や複雑なやり取りは本人が行わなければいけません。


また、弁護士に代理を依頼した場合は、破産手続きは即日面接でき、3,4ヶ月程度で借金をなくせます。また、管財事件となった場合に本人申し立てだと野余蘊金を50万円以上支払わなければいけませんが、弁護士が代理の場合、少額管財手続きとなり、予納金は20万円で済むといったメリットがあります。


関連ページ

債務整理(任意整理)
債務整理(過払い金返還請求)
過払い金返還請求で有名な杉山法律事務所
債務整理といえばアディーレ法律事務所?



>>債務整理に強い弁護士事務所ランキングはこちら<<

高レバレッジ