さらに詳しく!債務整理の豆知識

債務整理後の住宅ローン審査

若くて、まだ手取りも少なくて借金をし、過去に債務整理をした事がある方って結構多いです。その後のライフステージで住宅の購入を考えたときに、確実に過去の債務整理は不利になります。もちろん、任意整理を行って、借金の返済をしている間は当然住宅ローンの審査は通りません。 


また、過去にお金を借りて債務整理を行った会社の審査はまず二度と通る事はないでしょう。しかし、債務整理を行った方でも、場合にもよりますがその後、住宅ローンの審査に通って、無事夢のマイホームを手に入れた方はたくさんいます。


任意整理は5年後以降・自己破産は10年後以降を目安に


任意整理された方は5年後以降を目安に、自己破産された方は、10年後以降を目安に住宅購入を検討するのがベターです。そして住宅ローンの審査をする前に、一度信用情報機関に情報開示をして、自分の記録がどのように登録されているのか確認してみましょう。


もちろん、過去に債務整理をした金額や内容によって、目安の期間より短くても通ったり、長くても通らなかったりする事はありますが、こればかりは審査をしてみないとわかりません。銀行によって厳しかったり緩かったり基準はさまざま。


ブラック情報がない方でも審査が通らないぐら厳しいところもありますが、きちんと債務整理を終えて、新たな借り入れもなく、信用情報の開示でも問題なければどこかは審査が通るようです。債務整理者でもマイホームの夢は叶います。 


関連ページ

債務整理後のクレジットカード審査
債務整理は司法書士か弁護士のどちらに依頼したほうが良いのか?
自動車ローンだけ残して債務整理できる??




>>債務整理に強い弁護士事務所ランキングはこちら<<

高レバレッジ