さらに詳しく!債務整理の豆知識

債務整理後のクレジットカード審査

債務整理をしたら、もう二度とクレジットカードを持てなくなるのでしょうか・・? 債務整理の種類によっても違ってきます。自己破産によってすべての返済が帳消しになった場合、債務整理をしたクレジット会社の審査は今後通ることはないでしょう。


信用情報機関に自己破産の記録がだいたい5年から10年は残っていると言われているので、その期間を過ぎれば審査に通ることはあります。しかし、自己破産後、数年も経たないうちに、クレジットカードの申し込みをするのは止めましょう。100発のうち、1発でもあたればいい。という考えで何社か審査した場合、過去に債務整理した方が、また何年も経たないうちに審査をしたということが、その会社のブラックリストにのってしまい、信用情報機関から自己破産の記録が消されたとしても、今後審査が通ることは難しくなるかもしれません。


また自己破産や民事再生をした場合は、官報にもその情報が載るので、信用情報機関から記録がなくなっても官報で引っかかれば、審査を通ることは難しいでしょう。


その他、任意整理をされた場合なら、借金を減額しているで、(すべての借金をゼロにしたわけではない)場合によっては数年でも審査に通ることもあるでしょう。通常は任意整理をした場合、信用機関の記録は5年から7年程度で削除されるので、その後他社の審査が通る可能性があります。


また、過払い金返還請求だけを利用した場合、信用情報機関には載りませんので、この事が他社への審査には影響しませんが、過払い金返還請求先からの借り入れは今後できなくなるでしょう。これは、返還請求は法律で認められていることですが、会社にとっては、不利益を与えた人物として自社のブラックリストに記録が残るからです。


関連ページ

借金で何もかも失う前に債務整理を!
債務整理後の住宅ローン審査
自動車ローンだけ残して債務整理できる??



>>債務整理に強い弁護士事務所ランキングはこちら<<

高レバレッジ