まずはここから!債務整理の基礎知識

債務整理(任意整理)

債務整理の中で、任意整理に向いている人は、" 安定した収入はあるけど毎月の返済に追いつかない " というような方です。


例えば、出資法による29.2%の上限で100万円を借りたとすると、なんと年間で292,000円もの金額を支払う事になるんです。これでは、毎月2万円ずつ返済していっても元金は減るどころか、どんどん増えていってしまいます。利息分だけで毎月24,333円かかっているからです。この金利の罠にはまってしまっている方を救うための債務整理が、「 任意整理 」 といもの。


この名の如く、任意で債務整理する、というもの。詳しく説明すると、借金というものは、「利息制限法」と「出資法」という二つの法律が大きく関係しているからです。利息制限法というのは、利息の上限を定めた法律。10万円未満は20%、100万円以内なら18%、100万円以上なら15%となっています。しかし、出資法では29,2%が上限となっているのです。


そして、多くの金融業者が出資法の29,2%を基準にしているのです。100万円を借りた場合、利息制限法では15%なのでなんと倍近くもの利息を払っている事になります。必ずしも払わなくてもいい利息なのですが、貸金業者も商売なので、そこをうまく利用して経営しているのです。


任意整理ではこの払いすぎていた利息を精算し、過払い分を元金の返済に充て、残りの元金をさらに無理のない返済に計算して分割で支払っていくというものです。


そして、ほとんどの場合、任意整理の手続きで「 これからの利息はカットする 」 ということで示談が成立します。これなら、100万円をまいつき2万円ずつ返済していれば、4年2ヵ月後には晴れて借金がゼロになるのです。


関連ページ

債務整理(民事再生)
債務整理(自己破産)
債務整理(過払い金返還請求)



>>債務整理に強い弁護士事務所ランキングはこちら<<

高レバレッジ