まずはここから!債務整理の基礎知識

債務整理(民事再生)

債務整理の中で、「 民事再生 」 について説明します。自己破産は、その借金の全てを帳消しにできるものですが、民事再生は全てが帳消しにはなりません。


自己破産は資産価値が20万円以上あるとみなされたものは全て手放さなければいけません。・・ということは今まで慣れ親しんできたマイホームだったり、愛車だったりを一気に失う事になります。


しかし民事再生は借金の返済が困難になった方が、返済総額を減らす事ができるシステム。基本的に5分の1程に借金が抑えられ、またその金額を3年から5年かけて分割返済すれば、残金が帳消しになります。民事再生が受けられる条件の人は、" この先継続的に収入を得る見込みがあること" と、" 借金の総額が5000万円以下であること" です。


また、住宅ローンがある方は「 住宅資金特別条項 」というものを使えばマイホームは残したまま借金の整理をする事ができます。


事業であれば、売り上げはちゃんとあるけれど、借金返済のために資金繰りが滞っているような会社。破産させるよりも事業を続けたほうがお金が戻る見込みがあると思われる会社。 個人ならば、サラリーマンなど一定の収入があって、将来の収入が容易に把握できるような方が利用できます。


関連ページ

債務整理(任意整理)
債務整理(自己破産)
債務整理(過払い金返還請求)



>>債務整理に強い弁護士事務所ランキングはこちら<<

高レバレッジ