まずはここから!債務整理の基礎知識

借金で何もかも失う前に債務整理を!

そもそも、借金の返済に困って悩んでいる・・。という人は、たとえ誰かの借金を肩代わりしてしまった!など、いかなる原因であろうと、自分自身の甘さだとか考え直す事が必要です。「 金の切れ目は縁の切れ目 」 というように、借金問題は、一生の信頼にかかわってくるのです。ちょっとした気のゆがみが原因で、それまで幸せだった家庭が崩壊する事もあります。。


私の高校時代の友人は、両親と二つ上の兄、12歳年下の弟の三兄弟の家族でした。・・でも、友人が高校2年の時、クラスの中で、担任から3人ほど呼び出しがありました。私が後から何の話だったか聞くと、どうやら" 学費が滞納している。 " という内容だったそうです。実は、友人の父親はその少し前に会社からリストラにあっていたんです。


少しして再就職したのですが、学費を払う事はできなかったそうです。それからというもの、友人は当時働いていたバイト先のシフトをもっと増やしてもらい、学校から帰ってからは夜まで働いて学費を払っていたのです。それから、友人の父は仕事も落ち着き普通の生活を取り戻したかと思いきや、職場に馴染めずに会社を辞め、パチンコ三昧の日々だったようです。それから消費者金融にまで借金をし、ついに返済ができなくなったので親戚中にお金を借りて廻ったそうです。


そこから友人の家庭は歯車が狂い、母親はまだ小さい弟を連れて実家に戻り、しばらくは残された家族で暮していたようですが、やっぱり父親と反りが合わず、ケンカの日々で、最終的に一家離散してしまいました。友人の父親はリストラされてしまったのは本当に気の毒ですが、やっぱりその後の就職先も続かずに直ぐ辞めてしまい、借金するまでパチンコに走ったのは、父親としての自覚が足りなかったと思います。


私が今、子供の親になって、あの時の友人の事を思うと、あの父親のやっている事は許せないし、情けないと思います。そして、もし今借金に悩んでいる人がいれば、" 債務整理 "といって、弁護士や司法書士が借金の返済をゼロにしたり、返済を少なくしたり、また、今まで払っていた金利の過払い分を返還したりする手続きをしてもらえます。


以外に債務整理をしている人は少ないので知って欲しいのですが、必ずどんな金額であろうと解消できるので、困ったときは相談してみましょう。


多重債務について


複数の貸金業者から借金をし、返済ができなくなる方ってどんな人が多いのでしょうか? また、何が原因なのかを突き止めて、同じ事を繰り返すのを防ぐことが必要です。多重債務者と聞くと、お金にルーズな人なんだと思われがちですが、実はその逆です。借金を返すために別の貸金業者から借金をしているので、「 なんとしてでも返さなければ・・!! 」という真面目な方が多いのです。


例えば、月収30万円の方が300万円を利息20%で1年間、借りたとしましょう。毎月の返済額を5万円に設定します。しかし、利息だけでも毎月5万円返済しなければならないので、元金は永遠に減っていくことはありませんそこで、6万円に増額します。すると1年間返済すれば1年後には288万円になります。地道ではありますが、これならいずれ完済できるでしょう。


・・しかしそこで貸金業者からの新たな借り入れ勧誘の罠が始まります!!  " この人は貸してもちゃんと返してもらえる格好の餌食 "だと判断します。 そうすると、" 利用枠を増額できます! " だとか、" 低金利キャンペーン "や、 " 借金の一本化できます "  だとか、あの手この手で勧誘してくるのです。 


じつは、このような勧誘できっぱり断れず、また借金を繰り返してしまう方が多いのです。一括で返済できるくらい、宝くじが大当たりすればよいのですが、そうは行きません。一度借りてしまうとなかなか借金から抜け出せないのです。このことから、多重債務に陥る方は、身内に借金なんてできない・・!  借りたものはちゃんと返さなければ・・!という真面目な思いから多重債務に陥る事が多いのです。  決して借りた人だけに問題があるというわけではないのです。 


関連ページ

債務整理(任意整理)
債務整理(民事再生)
債務整理(自己破産)
債務整理(過払い金返還請求)



>>債務整理に強い弁護士事務所ランキングはこちら<<

高レバレッジ